098-956-1437

平日 9:00~17:00 / 土日祝 休

スタッフブログ FUKUCHI REPORT

福地組のスタッフが住まいに関する様々な事を中心に日々の事、
業務、気がついた小さな事をご紹介します。

第19回:2017.07.03[スタッフブログ]住宅ローン控除について

こんにちは。今回は営業部の金城が担当させて頂きます。
マイホームを建てる事は本当に大変なのですが、国もその事を考えて様々な制度を用意しています。例えば『住宅ローン控除』という制度を聞いた事はないでしょうか?住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用している人に、給与から差し引かれた税金の一部を戻してくれる制度で、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といいます。

【概要】
住宅取得者の負担軽減を図る為の制度です:毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない金額の1%が所得税から控除されます。この制度は住居の取得だけでなく、付随する敷地についても適用されます。又、所得税から控除仕切れない場合には、住民税からも一部控除が認められます。※ただし期間は10年間になります。

住宅ローン控除

制度活用の際、必ず覚えておかないといけないのは住宅ローン控除を受けるには入居した年に確定申告が必要という事です。(入居の翌年以降であれば給与所得者の場合、年末調整のみで控除が可能になります。)

他にも住宅ローン控除にはクリアしなければならない条件があります。
その1・ローンの対象が、住宅とその敷地に対するものであること
その2・控除を受ける年の所得が3000万円以下であること

また新築住宅の場合では
その1・床面積が50平方メートル以上であること
その2・居住用と居住用以外の部分があるときは、床面積の半分以上が居住用であること
その3・工事完了または取得の日から6ヶ月以内に、自己の居住の用に供すること
などの条件が加わってきます。(中古住宅・増改築にもそれぞれに条件が有ります。)
※詳しくは国税庁のHP等をご覧ください。

マイホーム取得の際にはこういった制度をぜひ活用していきたい所ですね。他にもいろいろ知って得する制度があります。住宅を建てる際には建築についてだけでなく税金関係についてもアドバイスさせて頂いておりますのでお気軽にご相談下さい。