098-956-1437

平日 9:00~17:00 / 土日祝 休

スタッフブログ FUKUCHI REPORT

福地組のスタッフが住まいに関する様々な事を中心に日々の事、
業務、気がついた小さな事をご紹介します。

第74回:2019.11.05【スタッフブログ】リノベーション探訪記Ⅱ

こんにちは、総務部の岩脇です!
今回は、わたしが東京で視察したリノベーション物件を紹介します。

 

皆様も、ぜひそこに住む人がどんな生活をしているのか、想像しながら読んで頂けたらと思います!
1件目は、趣味も仕事もわがままリノベーションな物件。

191105renovation-1

 

よく見ると室内にもうひとつ窓のついた部屋が!?
このスペースを仕事場にしたり、くつろぎの間にしたりしながら、リビングの中に自分だけの基地のような特別な空間を演出しています。

 

191105renovation-2

 

そして、写真奥側にはオーナーの好きなミニベロ(タイヤの小さい自転車)を置けるこだわりのインナーテラス。

さきほどの室内空間のそばのホビースペース。なんて贅沢な空間の使い方でしょうか。

続いて2件目はこちら。お洒落なカフェのような、まったりリノベーション。

 

191105renovation-3

 

木目調の床とコンクリート調の天井が織りなすコントラスト。キッチンタイルもあいまって、お洒落なカフェにいるような感覚です。

 

191105renovation-4

 

木の温かい雰囲気に囲まれながら、家族3人仲良くソファに座っている姿が目に浮かびます。
世界で一つの自分たちのこだわり空間を作る、それもリノベーションの魅力です♪

最後はこちら。
3件目:扉を開ければそこは別世界。

 

191105renovation-5

 

ちなみに、この物件をドアの外側から撮った写真はこんな感じ。

年期の入ったマンションという印象ですが、扉を開けてびっくり、開放感のある部屋が一面に広がります。

 

191105renovation-6

 

手前に写る部分は、なんとすべて玄関土間。こんなに広くて大胆な土間の遊び方をみたことありますか?色々な用途につかいたくなる、想像力をかきたてる土間でした!

そして天井のコンクリートは、長年張り付いていた天井材の木目が映っていることが解体中にわかったので、臨機応変にプランを変更してそのままの味を活かしています。

平凡な外側のドアと内側に広がる別世界といったギャップ。この感覚がリノベーションの醍醐味です!

すべての物件がユニークで、かつ作り手のこだわりが伝わってくるものでした。

見ているだけでワクワク、実際に住んだらさらに楽しそうですね。

これからも魅力的なリノベーションをご紹介していきます!!